ついていた担保を理由に、や所持しているとすぐに値打ちのあるクレジットならば良いのだが、持つ利益もないのに会費まで払う必要のあるようなクレカを万一置いたままでほったらかしにしているとすれば、そのクレジットカードは返却したほうがベターです。というのは、カードを持つことにより下記のような問題が起こってしまうリスクがなくはないからです。払わなくていいクレジット費用が生じてきていく可能性がある◇クレカという物は手元に置くだけで年間費用といった支払わなければいけない料金が発生する種類のものが存在するのです。これらのクレジットカードの事例の時、1年間をひっくるめても一遍も活用することがなかった状態でもかかわらず無駄な出費が要ってくるという事に基づき、活用しないクレジットカードを手元に置き、放っておくという現象が起きるだけで少なからず損になるのです。自然なことではありますが契約変更をしたら無駄な会費の発生の可能性は無くなるという事に基づき解約してもいいクレカは早めに返却してしまうという方が無難だと述べられると思います。つけくわえて会費ががただのクレジットカードの中にもクレジットを実用しないと費用が必要になってくるという種の取り決め項目が決められているカードもあるため気を付けた方がいいです。